2017年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.22 (Sun)

伊豆・修善寺紀行・2日目

おはようございます!
もう、いいんです。
さわやかな朝なので夕食部屋出しの件は許します!
ほぅら、部屋から見える山々も笑っているよ。(^ー^)


今日の朝食。
もちろん、みなさんと一緒(はぁと)←ちょっとヤケ。

豆乳の湯豆腐。豆腐を食べ終わったら湯葉も楽しめる。



帰りは雨になってしまったが、晴れ男の夫のおかげでずぶ濡れにはならずに済んだ。

スポンサーサイト
14:35  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2009.03.21 (Sat)

伊豆・修善寺紀行・1日目

たまには育児から解放されて温泉にでも行ってきたら?-
誰かのそんな一言で決まった1泊2日の中伊豆旅行。
娘を実家に預けて夫と二人、行ってきた。

出発前の大船駅にて梅しらす丼セットで腹ごしらえ。



食後はやっぱりキャラメルマキアートでしょ。



踊り子号に乗車して、いざ伊豆へ出発だ。



1時間半ほどで修善寺(”しゅうぜんじ”ではない)駅に到着。




なんと、駅のホームにこのような手洗い場がある。
クイズ番組でやっていたが、昔、汽車が走っていたころ窓を開けると
燃料として石炭を燃やしているので黒煙が車内に入ってきて顔がススで汚れるため、
駅に着いたら顔を洗っていた名残りだそうだ。

修善寺駅からバスで10分ほどで修禅寺に着く。
読み方は同じ「しゅぜんじ」だが”ぜん”の字が違う。
テストに出るかどうかわからないが覚えておくように。



さて観光も終わったので(1か所だけ!?)旅館に向かう。
旅館は少し離れていて、バスで30分かけて行かなくてはいけない。
バスに乗り込むと、



あら貸切り\(^o^)/と喜んだのもつかの間、ここから事件は起こるのだった。

このバスの運転手、異常におしゃべりで、客が我々2人しかいないと知ると、
ずーっと話しかけてくる。バスの運転手はインカム(マイク)をつけているので
声が車内に響き渡る。おしゃべり男(例:明石家さんま)が嫌いな私は
ひたすら耐えていたが、ペラペラペラペラハッキリ言ってうるさい!イライラする!
黙れ小僧!
やっとの思いで宿に辿り着き、イライラを鎮めようと思ったら
ここでも事件が待っていた。
私は「夕食お部屋出し」の宿プランを探して、やっとの思いで開いていた部屋を予約した。
いろりが部屋についている古民家風の部屋を見つけ、これだ!と思ったのだ。
ところが、案内された部屋にいろりはないし、夕食も食堂に行けという。
ちょっと待て。話が違うぞ。

尋ねると食堂に個室があり、そこで召し上がっていただく、とのこと。
なーんか納得いかないまま、とりあえず露天風呂に行った。



風呂から帰ってきたら、夫が言う。
「宿の人がまた来て、やっぱり皆さんと一緒に食べてくださいだって」
「謝ってた?」
「いや。」
ゴルァ。話が違

ムカムカムカムカ。
そんなわけですっかり機嫌の悪い私は食堂で写真を撮りまくった。






食べ終わったのでさっさと部屋に帰ったら、デザートがまだあったらしく
追いかけて持ってきた。


まだムカついている私は、大浴場と露天風呂を交互に入って
なんとか気分を落ち着かせた。
13:04  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2008.01.03 (Thu)

あけましておめでとうございます

今年も皆様にとって良い年になりますように!

初詣は成田山新勝寺と鶴岡八幡宮に行って参りました。

両方ともかなり混んでおり、入場制限がされて
参詣するまでに1~2時間かかった。

成田山は表参道の半分くらいの位置から道いっぱいに並び
15分ごとにジリジリと前進する、という感じだった。

時々、警察官が列に向かって迷い人呼び出しをメガホンで行うのだが

「○○からお越しの~こじまよしおさま~
こじまよしおさま~
お連れ様がお待ちです~」

何とも旬な名前のお呼出し。
列はザワザワ、クスクス、少し寒さやイライラが解消されたのではないだろうか。

おみくじは「吉」
開くときに下手こいて少し破いてしまったのだが
そんなの関係ねぇ!
オーシャンパシフィックピース!!


★そんなの関係ねぇ!★小島よしおボイス携帯ストラップ(レッド★RED)KJMYVS0501【2007冬ボーナス】【デジタル0103】


19:59  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2007.10.28 (Sun)

雨の松島と政宗の怒り

宮城県の仙台に温泉旅行に行ってきた。
夏ごろから計画していて宿を取ったのに
10/27、初日は関東から東北の太平洋側に台風が接近。
タイミングの悪い旅行となってしまった。

1日目は日本三景の一つである「松島やああ松島や松島や」観光。
早朝に自宅を出発し、8時には仙台に到着。
雨。

JR仙石線に乗って松島海岸駅へ行き、
松尾芭蕉が句を読んだという重要文化財「五大堂」を見る。



松島めぐりの遊覧船が出るまでに時間があったので
近くにある福浦島を散歩。
福浦橋にいたカモメ↓



福浦島から見た濡れそぼった松島や↓



時間が来たのでこれに乗って松島めぐり。



この遊覧船で小一時間ほど松島をめぐったが、叩きつける雨と、
客が窓から放り投げるかっぱえびせん目当てのカモメの大群で、
ほとんど見えず。

船が着いたところは塩釜。
1km平方あたりの寿司屋の数が日本一だかの激戦区だそうだ。
「すし哲」という寿司屋で寿司を頂く。
カウンターだったので緊張して写真撮れず。

初日の予定はほぼ終了し、篝火の湯 緑水亭に向かう。



部屋に天体望遠鏡がついているという、ロマンチックなプランに惹かれて予約したのに
今日は雨ね。
何も見えませんの。意味なし。ほほ。
横から観覧車を髣髴とさせるオチ)

温泉は素晴らしかった。
これがメインなのでまぁよしとしよう。

2日目は台風一過で、昨日と空を取り替えたい位のいい天気だ。
仙台といえばお約束の仙台城址観光。

城の跡なので仕方ないが、正直「これだけっすか?」という広場であった。
ふーん大したことないね旨の発言をした帰り道で私はコけ、手をすりむいた。
伊達政宗公の怒りを買ったようだ。
申し訳ありませんでした。



駅ビルで名物・牛タン定食を食べ、笹かまをお土産に買い、
新幹線に帰路についたとさ。



18:44  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2007.01.07 (Sun)

鎌倉

鎌倉に行ってきた。
家から鎌倉まで30分くらい。
思っていたより近くで古都散策ができるのだ。

まず鶴岡八幡宮。
まだ初詣客が多く、本殿に上る人たちをロープで100名位ずつ
区切って進行規制するほど混んでいた。
元旦に成田山新勝寺に行った時と同じく、5円玉がなかったので
100円玉を放り込んで来た。ふとっぱら!

表参道沿いの蕎麦屋で本物の!天ぷらそばを食べて
次は銭洗弁財天 宇賀福神社。
洗ったお金が清められ倍になる、ということで
ざるに小銭を入れて水で洗うのだが
周りを見るとお札を洗っている人多数。
欲張るなよ。”銭”洗だろうが。

歩き回って少し足が疲れた。
鎌倉駅に戻り喫茶店で期待はずれのブルーマウンテンと
期待以上のあつあつアップルパイでひと休み。

続いて江ノ電に揺られて長谷駅。目指せ大仏。
ここへ来るのは初めてではないのに
「ながや」駅だと思い込んでいた。
正しくは「はせ」。

関東地方の私鉄なんだからパスネットは使えるだろ!と
これまた思い込みで改札に通したらぴんぽーん!
引っかかってしまった。恥ずかしい。

3/18からのPASMOは使えるらしいけど
今までパスネット使えなかったんだ。へー。意外。

↓ ザ・鎌倉。


大仏を拝み、売店でウロウロしていたら
子供のはしゃぐ声がするのでふと横を見ると
目の前の木に野生のリスがいた。
携帯カメラ、ビデオを手に人々が集まってくる。

驚いたのがその大きさ。
私はリスというと、手のひらに乗るようなかわいらしい
イメージを抱いていたが、それは体長20cmほどはあるだろうか。
(皆が持っているカメラと比較して欲しい。)
顔は小さくてかわいいけど、飛び掛ってきたら結構怖いかも。
木を軽々と飛び移るさまは見事でさっそうと姿を消してしまった。

↓ 駆け下りるところ。リスの頭は木の向こう側に隠れて見えない。


せっかく由比ガ浜に来たのだから海を見に行こうということになった。
長谷駅から海岸までは300m。
気温は7~8℃だというのにサーファー達は元気に波乗りをしている。

空には凧が4、5個飛んでいる。
海岸で凧揚げをしている風景はいかにも正月という感じで
ゆったりと時間が流れる。

30分ほど母なる海のパワーをもらってから鎌倉を後にした。

いい街だね。
近くなので、時間があればまた来たい。

↓ 海と人物を撮るときはアングルに気をつけようの巻。


20:53  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。